2017年1月17日火曜日

ニートと就職活動

フリーターという言葉は今までよく使われてきましたが、最近よく耳にするニートとは、どんな人のことを言うのでしょうか。

ニートは、就職や職業訓練などをしていない人を指し、イギリスで名づけられました。

定義の上では、ニートとフリーターは違うものです。

フリーターは正社員にはなっていなくてもアルバイトやパートの仕事にはついており、生計を立てる手段を持ってはいます。

ニートはどのような仕事にもついていませんし、それでいて就職活動の類も行っていないという人たちです。

言葉のイメージにおいては、日本のニートはあまりいいものとされていません。

典型的なニート像に負のイメージがつきまとうのは、引きこもりや働く意志のない人を連想するためです。

実際に働く意欲のない、就職活動をしない若者が増えており、現在の日本において社会問題となっています。

その理由は様々ですが、労働意欲が奪われているという側面も存在しているようです。

イギリスでニートという言葉を使う時は、働いていない人を広く指し示しているだけのようです。

病気や障害で休職中の人もニートですし、ボランティア活動をしている人もニートです。

育児、家事専業もニートなのです。

日本のニートのような印象は、イギリスのニートにはありません。


就職活動時の一般常識対策について

就職活動を成功させるためには一般常識試験の対策が必要です。

まずは例題集を多くこなして自信を持ってください。

しかし就職一般常識は日頃から意識し、いろいろな事に興味関心を持って生活することも大切です。

知識の中にも、行動の中でも、学習すべき一般常識は数多く存在していますので、例題を解く以外のことにも取り組んでください。

また、無事に一般常識試験をパスしても、次以降の面接が難しい人もいます。

一般常識は大丈夫だという人は少なくないですから、その中からさらに頭一つ飛び出なければなりません。

競争に打ち勝つには、他人に誇れるような得意なことを持っている必要があるのかもしれません。

勘違いされがちですが、一般常識試験は筆記で行われる部分だけで成り立っているということはないのです。

そして、面接では様々な受け答えにおいても気をつけるべきですし、試験の場での行動は気をつけてください。

どんな人間が受けに来るのか、細かく見ているということです。

誰を採用するにしても最低限は知っていて欲しいことが一般常識で、聞かれることは知っていて当然のことばかりです。

この他、時事問題などについては新聞で読んでおくことも大事なことです。

例えば面接で評価を得るためには、今現在話題にのぼっているような事柄について知っている必要があります。

一般常識の問題集だけでは得られない事も質問される事もあるので、その場しのぎの対策では、就職活動を突破できないということです。


2010年4月29日木曜日

就職活動での転職理由

面接にあたって、たいてい聞かれるのが転職の理由です。

面接担当者が転職理由を聞く理由は、その人の人物像を知るためですが、採用した場合、同じ理由で退職することにならないか、前の職場で抱いた転職理由は自分の会社で解消されるのかを確かめるためです。

例えば、残業の多さに不満があって転職をした人は、残業が頻繁に求められる会社からの採用は難しいでしょう。

同じような理由で辞めてしまいそうだからです。

職場を変える理由には人間関係の問題を挙げる人が結構いますが、そのような人は会社を変えれば問題は消えるのでしょうか。

元の職場では人間関係に問題があった、というだけのことを面接で話すことは、あまりよいことではありません。

人間関係の悩みはどんな職場でもありますから、職場を変えても再発しないとは限らないと面接担当者が感じる可能性があるからです。

また、周囲の人が原因で問題が起きた、自分は悪くないと言うような人はまず断られます。

自分自身の問題点から目をそらしている、と見なされる可能性があるからです。

仕事を辞めた理由が人間関係のもつれであるということは、特に隠し立てするものではありません。

面接で大事なことは、どういう形でそれらを言葉にするかです。

その問題についてどう捉え、どんな考えを持っているかで好感度に差が出ます。

問題点を明瞭に、トラブルの原因は何で、対応はどのようにしたかなどを具体的に盛り込みながら話をしましょう。